ここから本文です

「iDL」東名阪ツアー終幕、バンもん!ら14組が熱演

音楽ナタリー 9月18日(日)23時39分配信

9月11日に東京・Zepp DiverCity TOKYOにて「iCON DOLL LOUNGE 2016 SUMMER ~東名阪Zeppツアー~」のファイナル公演が開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

初の東名阪ツアー開催となり、名古屋公演にはベイビーレイズJAPANやMAPLEZ、大阪公演にはじゅじゅといった面々も参加した「iDL」。Zepp DiverCity TOKYOには、全公演出演のアキシブproject、神宿、椎名ぴかりん、ぜんぶ君のせいだ。、ニァピン、プティパ -petit pas!-、妄想キャリブレーション、mistressのほか、ゆるめるモ!、GEM、BELLRING少女ハート、元乙女新党の高橋優里花、バンドじゃないもん!、わーすたが登場し、全14組がライブとファッションショーでステージに華を添えた。

オープニングアクトの高橋は、オーディエンスの大歓声に包まれながらステージに登場。彼女はソロでも臆することなく乙女新党の人気曲「2学期デビュー大作戦!!」「ときめき☆パラドックス」を歌い上げ、アイドルスマイルをフロアに振りまいた。ライブ前半戦ではmistress、ニァピン、プティパ -petit pas!-、わーすた、ゆるめるモ!、BELLRING少女ハートがツアーファイナルということもあり気合いの入ったパフォーマンスで会場を盛り上げる。そして前半のトリとして登場したバンドじゃないもん!は、「キメマスター!」でオーディエンスのテンションをさらに上昇させる。さらに6人は最新曲「夏のOh!バイブス」をドロップし、フロアを常夏ムードに変えてラストは定番の「ショコラ・ラブ」で締めくくった。

後半戦はGEM、アキシブproject、ぜんぶ君のせいだ。、神宿、妄想キャリブレーション、椎名ぴかりんが登場。どのグループもツアーファイナルにふさわしい熱気あふれるライブを行い、ラストは椎名が「iDL」のライブでも恒例となった「ドゲザナイ」で観客をひれ伏させて、東名阪ツアーは幕を閉じた。

なおライブの合間には出演アイドルたちによる恒例のファッションショーのコーナーも。SPINNS、galaxxxy、Zipper、サントニブンノイチの衣装を身にまとったアイドルたちがランウェイを練り歩き、彼女たちは普段ライブでは見せない表情でファンへアピールした。ファッションショーの最後には名古屋、大阪と同様に藤咲彩音(でんぱ組.inc)が登場し、自身が立ち上げたファッションブランド・Pzzzの衣装をオーディエンスに披露した。

最終更新:9月18日(日)23時39分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。