ここから本文です

J1リーグ 第2S第12節(17日)大宮が勝ち点46 チーム最多更新

産経新聞 9月18日(日)7時55分配信

 勝利への執念が勝った大宮が、シーソーゲームをもぎ取った。残り10分を切って1点を追う展開から、2点を奪って勝ち切る勝負強さを披露。渋谷監督は「勝ちたい気持ちが(得点を)決めきった」と顔を紅潮させた。

 大久保の退場で数的優位を作り、PKで先制したが、後半は堅守がほころび2失点。しかし、後半39分に家長、同44分にはカウンターから江坂が押し込んだ。決勝点の24歳は直前に得点が認められない不運を振り払い、「気持ちを立て直せた。最後にヒーローになれると思っていた」。

 これで年間勝ち点は46。2013年に記録した45を上回り、チームのJ1年間最多勝ち点に。2得点の家長は「どんどん記録を塗り替えていく」。開幕前に目標とした勝ち点48も目前だ。J1で過去一度も1桁順位のないチームが、残り5試合で年間7位につける。まだまだ進化の足を止めるつもりはない。(小川寛太)

最終更新:9月18日(日)7時55分

産経新聞

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。