ここから本文です

VAMPS“籠城型ツアー”Zepp Tokyoで終幕「これからも日々精進します」

音楽ナタリー 9月18日(日)23時40分配信

VAMPSが“籠城型ライブハウスツアー”「VAMPS LIVE 2016」の東京最終公演を昨日9月17日にZepp Tokyoにて開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

7月6日に開幕し、愛知、大阪、北海道、東京を舞台に展開された「VAMPS LIVE 2016」。2カ月にわたるライブハウス公演の締めくくりとなった昨日の公演は、VAMPSと親交の深いApocalypticaとIn This Momentを迎えての対バン形式で行われた。

トップバッターはApocalypticaが務め最新アルバム「Shadowmaker」の楽曲やMetallica「Master of Puppets」のカバーを披露し、エモーショナルなパフォーマンスで会場を圧倒。In This Momentはマリア・ブリンク (Vo)が全曲異なる衣装に着替え、艶やかなステージングでオーディエンスを魅了した。

2組の熱演を経て登場したVAMPSは最新曲「INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White」でオープニングを飾ったのち、「LIPS」「COUNTDOWN」と激しいナンバーを連発。「SIN IN JUSTICE」ではApocalypticaを呼び込みセッションを繰り広げた。

HYDE(Vo, G)は「首洗ってきたか! 最後にヤリまくろうぜ!」と2700人のファンを挑発。MCではライブの模様が国内外の映画館で生中継されていることについて言及し、「いかに僕たちがすごいか知らしめないとね。最終日の今日に集まったのは、そういう覚悟があってのことでしょ?」と観客のテンションをさらに引き上げた。ライブの終盤戦ではK.A.Z(G)が口を開き「皆さんのおかげですごくカッコいいバンドと一緒にライブができてとても光栄。これからも日々精進します」と宣言すれば、HYDEも「次は今作ってる曲をがっちりまとめて新しいVAMPSをみんなに披露したい」と意気込む。そしてVAMPSは「MEMORIES」「LOVE ADDICT」といったライブの定番曲を披露したのち、「SEX BLOOD ROCK N' ROLL」をフロアに叩き込んでライブを終了させた。

なおVAMPSは「VAMPS LIVE 2016」の追加公演として、9月20日に千葉・舞浜アンフィシアターにてアコースティックライブを実施。チケットは完売しているが、日本国内、香港および台湾の映画館にてライブビューイングが実施される。気になる人はチェックしてみよう。

なお「INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White」の世界配信がスタートしたことに合わせて、YouTubeにてミュージックビデオのフルバージョンが公開されている。

VAMPS LIVE 2016 追加公演 -ACOUSTIC DAY-
2016年9月20日(火)千葉県 舞浜アンフィシアター

最終更新:9月18日(日)23時40分

音楽ナタリー