ここから本文です

馬場美香氏が卓球女子代表監督に、昨年まで福原指導

日刊スポーツ 9月18日(日)10時19分配信

 日本卓球協会は17日に都内で理事会を開き、女子日本代表の村上恭和監督(58)の後任に馬場(旧姓星野)美香氏(51)を充てる人事を承認した。任期は4年で10月1日付で就任する。星野一朗専務理事と新強化本部長の宮崎義仁氏は、馬場氏を選出した理由について、全日本選手権を7度制覇した選手時代の実績と、昨年12月まで福原のコーチを務めた指導者としての経験、さらに健康面に不安がなく重責を任せられる点を挙げた。

 これまで8年間女子の代表監督を務めてきた村上監督の辞意もあり、星野専務理事は「人心を一新しようということになった」とし、6人による選考委員が人選を進めてきたと説明した。五輪2大会連続で団体のメダルを獲得した女子は馬場体制で20年東京五輪を目指す。なお、男子の倉嶋洋介監督(40)は留任する。

 ◆馬場美香(ばば・みか)1965年(昭40)7月10日、群馬県片品村生まれ。前橋東高-青学大。全日本選手権では83年に34年ぶりの2人目の高校生女王となり、その後5連覇するなど計7度優勝。88年ソウル五輪では石田清美とのダブルスで4位。92年バルセロナ五輪はシングルスに出場し決勝トーナメントの1回戦で敗退した。

最終更新:9月18日(日)11時51分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]