ここから本文です

16年上半期の主要ゴルフ用品小売り市場は前年比1%増の671億円

エコノミックニュース 9月18日(日)15時6分配信

 GfKジャパンは全国有力ゴルフ用品取扱店の実店舗およびインターネット通販における販売実績を基に2016年上半期(1月~6月)の主要ゴルフ用品の販売動向を発表した。

 それによると、2016年上半期(1月-6月)の主要ゴルフ用品小売り市場は、金額前年比1%増の671億円となった。このうちゴルフクラブは同5%増の429億円とプラス成長に転じた。ゴルフクラブでは、新製品のメーカー希望小売価格が上昇傾向にあるが、第1四半期はこれが成長要因となった。第2四半期は値下げ品の販売が好調に推移し、平均価格は低下するも販売数量の増加で補いプラス成長となった。

 今上半期ではドライバーの金額前年比4%増をはじめ多くのクラブでプラス成長となったが、特にユーティリティクラブやクラブセットでは2ケタ増と好調に推移した。一方で、ボールは金額前年比7%減、用品類(キャディバッグ、シューズ、グローブの合計)は同4%減と前年には及ばなかった。前年までプラス成長であったシューズも同4%減となった。

 なお、ゴルフ用品小売市場規模には含まれないが、ゴルフウェアの販売※2をみると、暖冬による重衣料の低迷や、繁忙期である5、6月の販売不振により今上半期は金額前年比4%減となった。今期はギアに比べソフトグッズは総じて低調であったといえるとしている。

 また、2016年上半期のユーティリティクラブ販売は、数量前年比10%増、金額前年比12%増となった。この好調の直接的な要因は、値下げ品の販売増によるところが大きいが、需要を生む背景としては、アイアンセットのセット本数の変化がある。長い距離を打つための番手のアイアンが、セットから抜け単品販売扱いとなってきており、5本組みセットが増えつつある。

 セット本数別の販売数量構成比をみると、これまで主流だった6本組が前年同期から10%ポイント減った一方で、5本組は11%ポイント増えて40%に達した(図2)。アイアンを手持ちの6本組のセットから5本組へ買い換えた際に、1本クラブを追加できる余地が生まれるが、ここにやさしく飛距離が稼げるユーティリティクラブを選択するケースが増えているとみられるという。

 全体ではマイナス成長に転じたシューズだが、搭載されたリールでワイヤーを巻き上げて足にフィットさせるダイヤル脱着式シューズは金額前年比13%増となった。従来の靴紐式とダイヤル式の販売数量比率は19:81とダイヤル式が8割を突破した。ダイヤル式は税抜き平均価格が前年同期から8%低下していることも拡大の後押しとなった。メーカー各社はダイヤル式中心の製品展開を進めており、今後もこの傾向は続くとみられるとしている。(編集担当:慶尾六郎)

Economic News

最終更新:9月18日(日)15時6分

エコノミックニュース