ここから本文です

マエケン 1年目15勝並んだけど「改めて松坂さんの凄さ分かった」

スポニチアネックス 9月18日(日)7時2分配信

 ◇ナ・リーグ ドジャース3―2ダイヤモンドバックス(2016年9月16日 フェニックス)

【写真】チアガールコスプレの前田

 ドジャースの前田健太投手(28)が16日(日本時間17日)、ダイヤモンドバックス戦に先発し、5回3安打1失点で15勝目を挙げた。球団の1年目投手では、02年の石井一久(スポニチ本紙評論家)らを上回る最多記録。日本投手のメジャー1年目では07年のレッドソックス・松坂(現ソフトバンク)に並び、16勝のダルビッシュ(レンジャーズ)に次ぐ2位となった。また、投球回は164に達し、規定投球回(162)をクリアした。

 1点リードの3回1死一塁。打席に13年に本塁打、打点の2冠を獲得した主砲ゴールドシュミットを迎えた。前田が追い込んでから投じたのは宝刀スライダーではなく、内角へのツーシーム。90マイル(約145キロ)でバットに空を切らせ「外のスライダーの意識もあったと思うし、うまく内角を使えた」と振り返った。

 今季6度目の対戦となったダイヤモンドバックス戦。右打者の外角にはスライダーではなく、外角ボールゾーンからストライクゾーンに曲げるツーシームが目立った。バックドアだ。「僕は打者を見ながら抑えるための配球で対応していくしかない。打ち取るための努力をした」。引き出しの多さが自らを助けた。

 今季11試合目の中4日。ただ、体調面は万全で「体の調子が良すぎて制球が乱れた。逆に軽すぎてフワフワしていた」という。それでも、これまでにない配球で立て直せるのが前田の強みだ。5回までに94球を要しながらも1失点にとどめ、昨季ド軍で右のエースだったグリンキーとの投げ合いを2度目も制した。

 ド軍の1年目投手の記録を更新する15勝目。「大事な時期に勝って15勝できたのはうれしい」と素直に喜んだ。日本投手では07年の松坂に並ぶ15勝目となったが「僕の場合は勝たせてもらっている試合が多い。今日も中継ぎに助けられている」と語り「こっちに来て改めて松坂さんの凄さが分かった」と続けた。救援陣が強力なせいもあるが、松坂は全32試合中24試合で6回以上を投げたのに対し、前田は29試合中15試合。さらなるレベルアップを期している。

 15勝は両リーグの新人断トツで、同僚の遊撃手シーガーらとともにナ・リーグの新人王候補。あと3試合に先発する見込みで、日本投手の1年目最多のダルビッシュの16勝を超える可能性もある。次戦は21日(日本時間22日)、現在4ゲーム差の2位ジャイアンツとの直接対決。前田が地区4連覇へ加速させる。(フェニックス・笹田 幸嗣通信員)

 ▼ドジャース、デーブ・ロバーツ監督 ケンタはいつもチームに勝利のチャンスを与えてくれる。

 ▼石井一久氏(スポニチ本紙評論家)簡単に15勝と言っても、メジャーで勝つための努力や苦労は僕も分かっていますので尊敬します。ワールドチャンピオンを目指せる位置にいるので、頑張ってほしいですね。僕の記録は前田君に抜かれましたけど、2番じゃダメですか?

 ≪球団新人最多は17勝≫ド軍の1年目投手では02年の石井一久と13年の柳賢振(リュ・ヒョンジン)が14勝を挙げており、前田が記録を更新。球団の新人最多記録は79年リック・サトクリフの17勝で、メジャーデビューは78年だったが新人王有資格者だった。

 ≪日本投手新人最多はダルの16勝≫前田は新人の日本投手では07年レッドソックスの松坂に並ぶ15勝目で最多はダルビッシュ(12年レンジャーズ)の16勝。2年目以降も含めると、08年レ軍の松坂が最多の18勝を挙げている。

最終更新:9月18日(日)8時36分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]