ここから本文です

福原遥さんがスマホアプリ『キングダム セブンフラッグス』ステージイベントで再び“羌カイ”コスプレを披露! 【TGS 2016】

ファミ通.com 9月18日(日)22時2分配信

●信役の声優、森田成一さんも登場!
 2016年9月15日(木)~9月18日(日)まで、千葉県・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ 2016(15日、16日はビジネスデイ)。開催最終日となる9月18日に、バンダイナムコエンターテインメントブースにて、2016年配信予定のスマートフォンアプリ『キングダム セブンフラッグス』イベントステージが開催された。その模様をリポートする。

 『キングダム セブンフラッグス』は、原泰久氏が原作コミックを手がけ、アニメ化もされた人気作品『キングダム』をモチーフにしたリアルタイム合戦シミュレーションゲーム。プレイヤーは,原作に登場する信や王騎といったキャラクターを集めて軍隊を編成。最大1万もの大軍をあやつり、敵軍とのバトルを楽しめる。

 今回のステージイベントでは、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に羌カイの姿のグラビアが掲載され話題となった、“まいんちゃん”こと福原遥さん、そしてアニメ『キングダム』で主人公・信を演じた声優の森田成一さん、『キングダム セブンフラッグス』プロデューサーの河合泰一氏が登場。人気声優と人気女優の登場に、会場は一気に盛り上がりを見せた。

 福原さんが『キングダム』を知ったのは、知人にすすめられて読んだのがきっかけとのこと。「始めはグロい描写が多いのかなと思っていましたが、読んでみたらとても面白かったです。感動して電車で泣いてしまったこともあります」と語った。さらにイベントでは、主人公・信を演じる声優の森田成一さんによる名シーンの生アフレコも披露され、福原さんと観客を沸かせていた。

●福原軍で戦場に出撃
 ステージでは、福原さんと森田さんによる実機プレイも行われることに。福原さんは自軍将軍に、河了貂、タジフ、羌カイ、楊端和、バジオウを選択(山の民好きか?)。対する敵将は、去亥、竜有、松左、田永、崇原とかなり優しい(?)人選である。

 刻一刻と変化する戦況に応じて、キャラクターの配置を変え指揮する福原さん。キャラクターにはそれぞれ属性があるようで、敵の弱点属性を持つキャラクターを駆使し、見事勝利した。

 一方、信、エイ政、尾平、河了貂、渕と“飛信隊”初期メンバーを中心に構成する森田さんに立ちはだかる敵将は、王騎、騰、ヒョウ公、録嗚未、呉慶とかなり手ごわそうなメンツに。9000の敵軍に対し、自軍の人数は5000程で、勝利は絶望的に思われたが、福原さんのプレイを見て予習をした森田さんは、難なく敵将をつぎつぎと撃破し見事圧勝という結果となった。

 『キングダム セブンフラッグス』は現在事前登録受付中。『キングダム』好きの方はぜひ公式サイトをチェックしてほしい。

最終更新:9月18日(日)22時17分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。