ここから本文です

楽天安楽が2勝目 8回1失点の好投 チームも4位浮上

デイリースポーツ 9/18(日) 17:48配信

 「西武1-10楽天」(18日、西武プリンスドーム)

 先発した安楽智大投手が8回1失点の好投で2勝目(5敗)を挙げた。自己最多となる8回を7安打されたが、七回までは西武打線を0封。完封も見えた八回、2本の内野安打に自らのボークが絡んで1点を失った。

 5三振を奪い、最少失点に抑えた右腕は、「低め低めを意識して最少失点に抑えることができた。完投はそう簡単にできるものではない」と振り返った。

 これでチームも4位に浮上し、「残る試合、1イニング1イニング、そして一人一人、全力で投げていきたい」とファンにアピールしていた。

 打線は二回、島内の犠飛、足立の適時打で2点を先制。三回に銀次、茂木の適時打で2点を加え突き放した。その後も六回のペレスの3ランなどで加点し、先発の安楽を援護した。

 西武はプロ初先発の本田が三回持たず4失点で降板。打線も9安打を放つも、要所を安楽に抑え込まれた。

最終更新:9/18(日) 18:03

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。