ここから本文です

『デモンゲイズ2』がその真の姿を見せる……“アステリア革命団決起集会in TGS2016”でわかった“柳生斬魔録”のすべて【TGS 2016】

ファミ通.com 9月18日(日)22時17分配信

文・取材:編集部 古屋陽一、撮影:カメラマン 小森大輔

●“DRPGファンや前作コアファンにお贈りする豪華エクストラコンテンツ”
 2016年9月15日(木)~9月18日(日)まで、千葉県・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ 2016(15日、16日はビジネスデイ)。開催最終日の9月18日、角川ゲームスにてステージイベント、“『デモンゲイズ2』アステリア革命団決起集会in TGS2016”が行われた。『デモンゲイズ2』のステージイベントが実施されるのは、ビジネスデイも含めて4日間連続(!)と、まさに皆勤賞。イベントには、『デモンゲイズ2』ファンにはおなじみの“行くぜ!NO.1DRPGチーム”のメンバーである高木友梨香さん(アクエリアス役)と立花理香さん(カプリコーン役)を司会役に、角川ゲームスの河野順太郎プロデューサー、開発元であるエクスペリエンスの安宅元也氏、『デモンゲイズ2』公認イメージキャラクターの京佳さん(夢みるアドレセンス)、公認コスプレイヤーの革命ガールズらが参加した。

[関連記事] 『デモンゲイズ2』京佳さん、立花理香さん、高木友梨香さんらPRチーム“行くぜ!NO.1DRPGチーム”のメンバーが編集部にやってきた!
[関連記事]出演声優が語る“デモン”の魅力とは? 『デモンゲイズ2』革命団決起集会 in TGSをリポート【TGS 2016】

 ダンジョンRPGである『デモンゲイズ2』の概要に関して、“悪の陰謀に立ち向かう革命ロマン”、“デモンとの愉快な共同生活”などと説明した河野氏だが、「それは『デモンゲイズ2』の一面に過ぎなかった」とコメント。同作の発売を9月27日に控えた10日あまり前の今日、いままで“PROJECT CODE-KENGOU”としてしか明かされてこなかった要素として、“エクストラコンテンツ”を準備中であることを発表した。その名はずばり“柳生斬魔録 コール・オブ・ザ・グリモダール”で、“もうひとつの『デモンゲイズ2』”として、同作をクリアーしたユーザーを対象に、“完全無料”で提供されるという。

[関連記事]【速報・動画追加】『デモンゲイズ2』に豪華エクストラコンテンツ“柳生斬魔録”が存在することが判明【TGS 2016】


 イベントは、ここから“柳生斬魔録”のシナリオ・監修を担当するベニー松山氏も加わり、同コンテンツに対して、調査リポートとして、立花さんと京佳さんが鋭く切れ込むという形式でトークが展開。「“完全無料”とはいかに?」との質問に対しては、ソフトを予約購入したユーザーに向けてのコンテンツで、タイトルアップデートで配信予定であると説明。「無料なので“おまけ”程度なのでは?」とのさらなる質問には、「本編のクリアー時間は40時間程度を想定しているのですが、同じくらいを目指す」との、安宅氏からの驚きの発言が(実際は30時間くらい遊べるように調整しているとのこと)。当初は常識的なことを考えていたというが、開発陣の熱意により、どんどんボリュームが膨らんでいったのだとか。アイテムは200種類用意されており、本編でのレベルキャップは50だが、“柳生斬魔録”では99になるという。「パラメーターも、オール99を目指せる内容」(安宅氏)だという。

 本コンテンツのキーパーソンとして登場するのが、新陰流の使い手“柳生の女剣士”(声:田中敦子さん)で、「眼帯で片目を隠しているので、何かを隠している(『デモンゲイズ』シリーズではおなじみですが)」(河野氏)とのこと。さらにストーリーとしては、前作の舞台だったミスリッド地方が舞台で、「懐かしいキャラが待っていて、ちょっとハードめのシナリオです」(ベニー松山氏)とのこと。

 キャラクターでの注目は、新たなる邪神のデザインをマンガ家の萩原一至氏が担当していること。ベニー松山氏は、萩原一至氏の『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』の小説を手掛けて以降20年来の友人で、その縁から今回のコラボが実現したとのことだ。ちなみに、現在2巻まで刊行されて中断している『黒い虹』(『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』の関連小説)も、この“柳生斬魔録”が縁で打ち合わせの機会が持たれたのだとか……。

 引き続き、立花&京佳の「『デモンゲイズ2』の最終形態とはいかに?」との改めての質問には、安宅氏が、「前作をクリアーしたユーザーが50%程度だったことが悔しかったので、100%にしたいという思いから始まった」と発言。『デモンゲイズ2』は初めての人でも楽しめるようにしたが、これだけだとダンジョンRPGが大好きな人には片手落ちになってしまうので、エクストラコンテンツを付けたと説明。つまり、“DRPGファンや前作コアファンにお贈りする豪華エクストラコンテンツ”という位置づけというわけだ。

 さらなる「どうすれば入手できるの?」との質問には「本編をクリアーして備えてください」(河野氏)とのこと。補足するように「アップデート前にもすることはたくさんあります」と安宅氏。配信時期は正式には“今秋”とアナウンスされているが、河野氏からは「月が変わったくらいには出したい(つまり10月)」との、もう少し突っ込んだコメントも聞かれた。


 これまで隠し続けてきた“柳生斬魔録”をアナウンスできて、ほっとしているというベニー松山氏。『デモンゲイズ2』の真の姿を見せられた高木さんと立花さんの「これで、“NO.1DRPG”を目指せるのでは?」との問いかけに、うれしそうな表情を見せる河野氏、安宅氏、ベニー松山氏の開発陣なのであった。

最終更新:9月18日(日)22時17分

ファミ通.com