ここから本文です

現場に現金、トラブル捜査=マツダ社員寮殺人―広島県警

時事通信 9月18日(日)18時19分配信

 広島市南区のマツダ社員寮で同社社員菅野恭平さん(19)が殺害された事件で、現場付近に落ちていた菅野さんの手提げバッグの中に、現金などの貴重品が残されていたことが18日、県警への取材で分かった。

 県警は菅野さんをめぐるトラブルの有無などを調べている。

 県警によると、菅野さんは14日午後4時15分ごろ、寮の非常階段2階の踊り場で倒れているのが見つかった。頭と顔に数カ所、殴られた痕があった。寮の2階に住む20代男性が同3時35分ごろ、「ドン」という数回の物音とうめき声を聞き、寮の職員と一緒に現場を見に行ったところ、あおむけに倒れた菅野さんを発見した。

 近くに落ちていた手提げバッグは菅野さんの物と確認され、現金入りの財布などが入っていた。寮内の菅野さんの部屋は施錠されておらず、荒らされた形跡はなかったという。 

最終更新:9月18日(日)18時24分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。