ここから本文です

新米EDF隊員・亜麻音に託された地球の未来は!? “地球防衛軍5×劇団ドリームクラブ LIVEオンステージ”!【TGS 2016】

ファミ通.com 9月18日(日)22時42分配信

文・取材:編集部 ブラボー!秋山、撮影:カメラマン 平原克彦

●過度な声援や“ピュア出過ぎ”に注意
 2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ 2016(15日・16日はビジネスデイ)。ここでは17日に、ディースリー・パブリッシャーブースで行われた“地球防衛軍5×劇団ドリームクラブ ホストガールスペシャルLIVEオンステージ”の模様をリポートする

 劇団ドリームクラブとは、その名の通り、『ドリームクラブ』の公式2.5次元ユニットで、これまでも数々のライブをこなしてきた。今年もディースリー・パブリッシャーのステージに元気に登場した。あれ? 雪がいないけど、まぁ、いいか。ほかのステージにもMCで出ていたし。

<劇団ドリームクラブ>
亜麻音(望月まこと)/みお(宇佐美愛梨)/玲香(澁谷えりか)/魅杏(柳瀬晴日)/るい(紫苑ゆき)/理保(寿々木はるか)/ナオ(青木満理子)/魔璃(柚木成美)/アイリ(桜羽萌子)/遙華(伊藤麻衣)/ノノノ(みゅー)/あすか(鈴原紗央)/受付(嶋垣くらら)/ユウ(ほたて)/エル(脇本美咲)

 ホストガール&受付さん&バックダンサーズが勢揃いしたところで、さぁ、ライブスタートと思いきや、『地球防衛軍5』の岡島信幸プロデューサーが雪(姫野つばさ)を引き連れて登場。そういえば、このこのステージのタイトルは“地球防衛軍5×劇団ドリームクラブ ホストガールスペシャルLIVEオンステージ”だったなぁ……。
 魅杏に「岡島、悪いヤツ!」と言われた岡島氏だが、彼の仕事は『地球防衛軍5』のプロモーション。仕方ないので、ホストガールがミッションをクリアーしたらライブを行えるということに。そのミッションとは、ホストガールの代表ひとりが、『地球防衛軍5』のあるステージを制限時間10分以内にクリアーするというもの。確かに、これなら『地球防衛軍5』のプロモーションにもなろうというもの。

 ここで岡島プロデューサーに、ドリーム エックス クリエイト代表から緊急招集がかかる。なんでも新システム“TGS”(=たくさん・ゲームが売れる・システム)を思いついたので教えたいということで、いったん舞台裏へ。
 岡島氏が退場するとしばらくして、スクリーンにドリーム エックス クリエイト代表が登場。ホストガールたちへの試練として、万が一ミッションに失敗したら、“生着替え”の罰ゲームをすることになったのだ。
 入れ違いにステージに復帰した岡島氏。そして、『地球防衛軍5』に挑戦するのは亜麻音が選ばれた。お嬢様の亜麻音ということで、イージーモードでプレイスタート。ゲームスタート直後から部隊に取り残され、路地裏や川にはまって苦戦する亜麻音隊員。第一弾の敵を倒すと、本作から登場する“コロニスト”が登場。孤立した亜麻音隊員は、いつしかコロニストに囲まれ、ついに命を落とすこととなった……。

 というわけで、約束通り、ステージ中央にて亜麻音の生着替えを敢行! 40秒と維持かい時間だったため、“あわや!”のピンチに陥るも、ホストガールの協力もあり、なんとかセーフ。現れた亜麻音はピュアな紳士なら一目瞭然、DLC“ビキニ水着”を着ていたのだった。そんな亜麻音のがんばりに免じて、LIVEのオーケーが出た。
 ちなみにこういったステージでは、通常撮影や録音は禁止されるものだが、ホストガールLIVEでは、むしろ撮影してSNSで拡散されることが推奨されているのだ。

<今回のセットリスト>
♪Dragon Lady/ユウ&エル
♪横浜ラプソディー/魔璃
♪半分はママのシナリオ/みお
♪素直になれない/魅杏
♪恋・KOI☆week end!/劇団ドリームクラブ

 と、盛り上がったホストガールのLIVEステージも残念ながらここで終了。地球の平和と、ピュアな紳士たちの心は、何とか守られた……のか!?

“劇団ドリームクラブ ホストガール ライブ オン ステージ#3”の開催が決定!
会場:新宿Cat's hole(オールスタンディング)
日時:2016年10月29日(土) 昼公演 14:00(開場 13:15)/夜公演 18:30(開場 17:45)

最終更新:9月18日(日)22時42分

ファミ通.com