ここから本文です

中川翔子さんも駆けつけた!『討鬼伝2』&『討鬼伝 モノノフ』ステージで大型アップデート情報や『討鬼伝2 共闘版』が発表【TGS 2016】

ファミ通.com 9月18日(日)23時7分配信

文・取材:ライター ジャイアント黒田、撮影:カメラマン 和田貴光

●『討鬼伝2』&『討鬼伝 モノノフ』の最新情報を公開!
 2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ 2016(15日・16日はビジネスデイ)。最終日となる9月18日(日)、コーエーテクモゲームスブースでは和風ハンティングアクション『討鬼伝2』と、新作アプリ『討鬼伝 モノノフ』の最新情報が公開された。本イベントには、コーエーテクモゲームスの森中隆プロデューサー、中臺重人プロデューサー、関口和敏ディレクター、そしてスペシャルゲストとして、タレントの中川翔子さんが登壇。中川さんは『討鬼伝』シリーズのファンで、最新作では金髪碧眼のモノノフ・グウェン役を務めたほか、テーマソング『十六夜の月に舞え』を歌っている。ここからは、『討鬼伝2』&『討鬼伝 モノノフ』の最新情報を交えながら、イベントの模様をお届けしよう。

 イベントが始まると、ステージには『討鬼伝2』のプロデューサー・森中隆氏とディレクター・関口和敏氏、そしてタレントの中川翔子さんが登場。前作をやりこんだという中川さんは、『討鬼伝2』も楽しんでいるそうで、「昨日は素材などを集めているうちに寝落ちしちゃいました(苦笑)」というエピソードを披露した。

 オープニングの後は、マスコットキャラクターの天狐がお題を出すという体裁で、トークコーナーがスタート。最初のお題は、中川さんが歌った「テーマソング『十六夜の月に舞え』について」。この曲はもともと人が歌うことを想定していなかったそうで、メロディーラインの難度が非常に高かったとのこと。中川さんも、「テンポがとても速いので、これまで歌った曲の中でいちばん難しかったです」と明かし、「自分自身の舌をかんで“鬼千切”(“鬼”の部位を一撃で破壊する必殺技)しちゃいそうでした(笑)」と、プレイヤーならではの例えで、収録のたいへんさを語っていた。

 つぎのお題では、「『討鬼伝2』の今後」について語られ、森中氏と関口氏から大型アップデート“遺跡”の情報が公開された。遺跡は、無限に続くステージをどこまで進めるかチャレンジする、新たなやり込み要素。シングルプレイはもちろん、マルチプレイでも挑戦でき、無限に続くステージのほかに規定のステージに挑むモードも用意されるようだ。また、遺跡にしか登場しない“鬼”と戦えるうえ、遺跡で手に入る素材で最高クラスの専用装備が製造可能になるという。まさに、『討鬼伝2』を遊び尽くしたプレイヤーも楽しめるコンテンツになっているのだ。

 さらに今後の情報として、基本プレイ無料の『討鬼伝2 共闘版』(以下、『共闘版』)が発表された。本作は、製品版のプレイヤーとのマルチプレイが無料(アイテム課金制)でプレイできるというもので、プレイステーション4(以下、PS4)版と、プレイステーション Vita(以下、PS Vita)版が配信される。この発表に中川さんは、『討鬼伝 極』にかけて「太っ腹の“極み”!」と感動していた。

 ファンにうれしい発表に続く中、次のお題は「“遺跡”で“鬼”討伐に挑め!」に。ここでは、中川さんが新モードの遺跡に一足早くチャレンジ。開発スタッフが中川さんに似せて作ったというキャラクターで、グウェン、真鶴、時継のNPCとともに、“鬼”と激闘をくり広げた。中川さんは、素早い動きで連続攻撃を得意とする武器の双刀や、“鬼ノ手”を巧みに操作し、完全部位破壊を決めるなどして大活躍。一撃で部位を破壊する爽快感に、「気持ちいい!」と興奮気味に話しながら、見事“鬼”を討伐した。

 チャレンジ終了後、森中氏から遺跡の大型アップデートは2016年9月29日(木)、『共闘版』は2016年10月6日(木)に配信予定であること。さらに後者は、2016年9月27日(火)に事前登録がスタートし、事前登録を行うと“宝玉”がプレゼントされることが発表された。

 そのほかにも、森中氏は『討鬼伝2』と『ブレイブルー セントラルフィクション』のコラボや、今後のダウンロードコンテンツの予定なども発表。『ブレイブルー セントラルフィクション』とのコラボで入手できるラグナのミタマは、関口氏いわく「かなり強くしちゃいました。攻のミタマで攻撃特化になっています」とのこと。2016年10月6日(木)から無料で配信されるので、ぜひ攻略に役立てよう。

 そして、最後のお題「スマホで“鬼”討ち!」では、新たに『討鬼伝 モノノフ』(以下、『モノノフ』)のプロデューサーを務める中臺重人氏がステージに。『モノノフ』の舞台が、過去に起こった“オオマカドキ”で孤立した北方の里“シノノメ”であること。雪華や風花などのオリジナルキャラクターだけでなく、桜花や息吹など、『討鬼伝』で活躍したキャラクターが登場することが明かされた。

 中臺氏は、「『討鬼伝』が、そのままスマホで遊べます」と本作の魅力をアピール。続けて本作が、“鬼”を中心にキャラクターを移動したり、攻撃を行う“サークルハンティングシステム”を採用しており、“鬼”の攻撃をスワイプ操作で上下左右に回避しながら、タップや長押し、連打といった簡単操作で攻撃できることが発表された。なお、『討鬼伝2』では11種類の武器種が実装されているが、『モノノフ』はサービス開始後に「5~6種類の武器種を用意する」とのこと。残りの武器種もアップデートで順次追加されていくとのことなので、安心してほしい。

 また、『モノノフ』独自の要素として“鬼千切・廻(かい)”のシステムが公開された。中臺氏によると、これは「“鬼”の全部位を破壊できる超強力な必殺技で、ほかのプレイヤーとタイミングを合わせて画面をタップすると放てる」とのこと。“鬼千切・廻”により、誰でも気軽に“鬼”の部位を破壊する爽快感が味わえそうだ。

 「スマホで“鬼”討ち!」の最後には、中川さんが『モノノフ』でゴウエンマにチャレンジする一幕も。開発スタッフ以外で、『モノノフ』をプレイするのは中川さんが初めてということで、恐縮しながらもゴウエンマの攻撃をスワイプ操作で巧みに回避し、反撃を決めながら見事討伐した。この『モノノフ』は、2016年9月16日(金)から事前登録がスタートしている。登録者数に応じて報酬が豪華になるキャンペーンも実施されているので、興味のある方はぜひ登録してみよう。

 イベントの最後に、森中氏は「『討鬼伝』シリーズは、これまでいろいろな展開をしてきました。この『討鬼伝』の世界、ますます広げていきたいと思いますので、ぜひご期待ください!」と今後の抱負を語り、『討鬼伝2』&『討鬼伝 モノノフ』スペシャルステージを締めくくった。

●いちファンの中川さんが語る『討鬼伝』シリーズの魅力とは!?
 イベント終了後、中川さんにインタビューを実施。イベントを終えた感想や『討鬼伝』シリーズへの思いなどをうかがった。

――イベントお疲れ様でした! まずは、イベントの感想からお願いします。
中川翔子(以下、中川) 『討鬼伝2』や『モノノフ』の実機プレイがあったので、ものすごく緊張しました。いろいろな武器を試してみて、今回は双刀を選んだんですけど……。

――とても華麗に戦われていたと思いますよ(笑)。
中川 大丈夫でしたか? 『討鬼伝2』では仕込鞭などでもプレイしてみましたが、空を飛び回れる双刀が楽しくて。もともと素早く攻撃できる、双刀のような武器が好きなんですよ。ただ、マルチプレイになるとビビってしまうので、弓と癒(回復効果を持つ)のミタマでサポート役に徹しています。

――ひとりで遊ぶときも、弓と癒のミタマを装備したNPCの真鶴がいると、安定感が増しますよね。
中川 真鶴は任務に絶対に連れていきます! 残りのメンバーは、グウェンや時継が多いですね。あと、性格的に椿が好きなので、彼女を連れて行くこともあります。最近、髪を切ってボブになったんですが、椿は髪型が似ているという親近感もあって。

――グウェンは声を演じているだけに、同行させたくなると思いますが、時継を選ばれるいる理由は?
中川 グウェンを連れて行く理由はそうなんですが、自分の声のキャラクターといっしょに戦っているのは、本当に不思議な感じなんですよ。私のキャラクターが気絶すると、グウェンがよく助けてくれるのですが、「お互いに意識しあって戦っているのかな」と、想像が広がっておもしろいですね。あと、時継は山寺宏一さんの演技がとにかくおかしくて(笑)。山寺さんに「こんなことを言わせていいんですか!」と、楽しみながらプレイしています。

――自分が演じたキャラクターといっしょに戦うなんて、なかなか体験できないと思います。グウェン役が決まったり、テーマソングを歌うことになったときの感想を教えてください。
中川 私がグウェンを演じたり、歌手デビュー10周年のタイミングでテーマソングを歌うことになるとは、夢にも思いませんでした。前作同様、本作も続きが気になるストーリー展開なのですが、クリアーするのがもったいなくて、なかなか先に進められていません(苦笑)。いまは安の領域や武の領域の任務を周回プレイして、カラクリの部品をコツコツと集めています。

――じっくりプレイされているんですね。では、本作のストーリーの見どころなどを教えてください。
中川 主人公たちが進む道には、ひとりだったら心が折れてしまうような、さまざまな困難が待ち受けています。でも、出会った仲間たちが多くを語らずに支えてあってくれて。その関係にグッときます。「ちゃんと助けてくれる仲間がいるんだよ」っていうのは、テーマソングの『十六夜の月に舞え』の歌詞ともリンクしていて、とてもステキだなって。

――グウェンを演じた感想もお聞きしたいです。
中川 「全身全霊で“鬼”を討つ!」といった、グウェンでしか言えないような、カッコいいセリフ、叫んでみたいセリフを演じられたのが、とにかく印象的で感無量でした。それにグウェンは、口調は男の子っぽいのに、チェック柄のスカートをはいている女の子らしい一面もがあって。そのギャップもツボでした。グウェンと“禊”ができるのも、本作の楽しみです!

――(笑)。ちなみに、グウェンは演じやすかったですか?
中川 前作をけっこう遊んでいたので、世界観の説明などをいちから受ける必要がなかったのはよかったです。ただ、いざグウェンを演じてみると、やはり難しくて。とくに、グウェンが過去のエピソードをひとりで語るシーンは、なかなかうまく表現できなくて苦労しました。一度オーケーを出していただきましたが、どうしても納得できなかったので、私からお願いして納得いくまで演じさせてもらいました。

――『討鬼伝』のファンだからこそ、こだわりも強かったのですか?
中川 そうですね。私は人生において、ゲームは必要不可欠なものだと考えています。とくに『討鬼伝』には、無心になって夢中でプレイするうちに、元気をもらって、たいへんだった時期を乗り越えられたという感謝の気持ちがあって。音楽に携わる面でも、ゲームがイマジネーションの糧になってくれることもあります。『十六夜の月に舞え』は、歌うのが非常に難しい曲でしたが、いまでは歌詞を見ないで歌いこなせるようになっているので、機会があれば皆さんの前で披露したいですね。

――中川さんの生歌が聞けるのを楽しみにしています! 楽しみといえば、大型アップデートの“遺跡”や、基本プレイ無料の『共闘版』が発表され、『討鬼伝2』の今後の展開がますます楽しみになりましたね。
中川 ゲームオーバーになるまで無限に戦い続けられる遺跡は、「いつまでも遊んでいいんだよ」っていう、開発スタッフさんたちの懐の深さを感じられました。それに、『共闘版』のおかでマルチプレイに友人や知人を誘いやすくなったのもうれしいです。『討鬼伝』は仲間のNPCが非常に優秀で、「いま攻撃してもいいですか?」と、私のほうが逆に遠慮しちゃうほど頼りになりますが(苦笑)、ほかのプレイヤーさんといっしょに遊べるマルチプレイも楽しいですから。

――スマートフォンで遊べる『モノノフ』も、ほかのプレイヤーと遊びやすいと思います。
中川 スマートフォンだと、「マルチやろうぜ!」って、誘いやすいですよね。『モノノフ』は、グラフィックがとてもきれいで驚きました。スマートフォンということで、ゲーム性がかわるのかなと思っていたら、『討鬼伝』と同じく爽快なアクションが楽しめましたし。まだ少ししかプレイできていませんが、“鬼”の攻撃をいかに回避するかが重要になりそうです。

――プレイできるのが楽しみですよね。それでは最後に、ファンの方にメッセージをお願いします!
中川 前作のときも、丁寧な作り込みに感動しましたが、『討鬼伝2』はそれをこえるほど、開発スタッフさんたちの愛が感じられるゲームになっています。今回のイベントでは、ミタマの組み合わせの奥深さも改めて体験できたので、今後はミタマ集めに本腰を入れたいですね。マルチプレイも楽しみたいと思いますので、皆さんもいっしょに楽しみましょう!

最終更新:9月18日(日)23時7分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。