ここから本文です

シュツットガルト浅野、初先発も不発「高み目指す」

日刊スポーツ 9月18日(日)10時19分配信

<ドイツ2部:カイザースラウテルン0-1シュツットガルト>◇17日◇カイザースラウテルン

【写真】シュツットガルト浅野初先発も不満…怖さ見せないと

 アーセナルから期限付きでドイツ2部シュツットガルトへ移籍中の日本代表FW浅野拓磨(21)が17日、アウェーのカイザースラウテルン戦に先発した。無得点のまま後半33分に退いた。試合は1-0でシュツットガルトが勝った。

 浅野は前半23分、ロングパスを味方が落としたボールに走り込み、ゴール右でGKと1対1になった。だが力んだのか、シュートをひっかけて左へはずした。後半はDF裏へ抜け出す持ち味の動きを出すことはできず。足元でパスをもらい、ドリブルで仕掛けてはことごとく相手DFにつぶされる繰り返しで、そのまま交代となった。

 浅野のスピードはドイツでも知れ渡っており、ボールを持つと相手DFの容赦ないチャージが襲ってきた。相手のカイザースラウテルンは4度の1部優勝を誇る名門で、簡単に浅野の突破を許さない厳しさがあった。

 浅野のコメント 今日なんとか勝つことができたんで。それがチームとしては一番大事。僕自身は満足も納得もできていないんで、もっともっと高みを目指していかないといけないと思っている。

最終更新:9月18日(日)12時39分

日刊スポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。