ここから本文です

18歳未満選手獲得違反 レアルへの処分一時保留

日刊スポーツ 9月18日(日)10時19分配信

 Rマドリードは、スポーツ仲裁裁判所が同クラブに対する18歳未満の選手獲得違反への処分が一時保留となったと公式声明として発表した。これにより、出場禁止処分にあった対象選手たちの試合出場が可能となった。

 今回の違反により、国際サッカー連盟(FIFA)は今年1月、同クラブとAマドリードに16年夏と、17年冬の移籍市場での選手獲得禁止処分を下した。しかし、両クラブが異議申し立てをして処分が先送り。今月8日には両クラブに対して17年冬と夏の移籍市場で獲得した選手の登録禁止処分を科していた。

最終更新:9月18日(日)12時28分

日刊スポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。