ここから本文です

ケルン大迫初アシスト、2トップ「自信」快勝貢献

日刊スポーツ 9月18日(日)10時19分配信

<ブンデスリーガ:ケルン3-0フライブルク>◇16日◇ケルン

 ケルンのFW大迫勇也(26)が、ホームでのフライブルク戦に先発し、今季初アシストを記録した。1-0の前半31分にチーム2点目をアシスト。後半20分までプレーした。チームは3-0で勝利し、開幕から2勝1分けの好スタートを切った。

 好調なチームの中で大迫が存在感を示した。2トップの一角で出場。1-0の前半31分に浮き球の縦パスを相手DFに競り勝ち、ボールをキープ。グラウンダーの右クロスで中央を走ってきたMFビッテンコートのゴールをアシストした。昨季は主に中盤でのプレーを強いられ、25試合で1得点0アシストだったが「今年は2トップで高い位置でボールを受けることができるので、そこは自信を持っている」と手応えを口にした。

 開幕戦のダルムシュタット戦では途中出場だったが、前節のウォルフスブルク戦では先発した。得点こそ奪えなかったが、好機を演出し、シュテーガー監督から称賛を受け、中盤ではなくFWでの起用を言い渡された。大迫は「コンディションはすごくいい。今年に入って取り組んでいることも新たにある。もっと屈強な体をつくっていこうと思っている」と充実感を漂わせた。

最終更新:9月18日(日)10時49分

日刊スポーツ

スポーツナビ サッカー情報