ここから本文です

モレッツとブルックリンがファッション誌の表紙飾る

日刊スポーツ 9月18日(日)10時34分配信

 今月初めに破局した女優クロエ・グレース・モレッツ(19)とサッカー元イングランド代表デイビッド・べカムの長男ブルックリン(17)が、仲良くファッション誌ティーン・ヴォーグの表紙を飾った。

 ベッカムは後ろ向きのために顔は見えないが、モレッツが背中に手を回して抱きつく幸せそうな写真で、交際中だった今年6月頃に撮影したものと見られている。

 2人は2014年に交際を始め、その後はくっついたり別れたりを繰り返してきたが、今年5月に交際宣言。レッドカーペットを一緒に歩き、数々の仲睦まじい写真をインスタグラムに投稿するなどオープンな交際を続けていた。

 しかし、ベッカムがモレッツとの交際が重荷になったことが原因で破局したと報じられていた。その後、モレッツは出演予定だった作品を全て降板し、女優業を休業することを発表。英ロンドンに戻ったベッカムは復縁を望んでいると伝えられており、2人で会う時間を作るためではないかとも言われている。(ロサンゼルス=千歳香奈子)

最終更新:9月18日(日)12時41分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。