ここから本文です

張本氏、大谷の164キロに「スピードガン甘いんじゃないの?」

スポーツ報知 9月18日(日)9時38分配信

 野球評論家の張本勲氏(76)が18日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に出演。プロ野球・北海道日本ハムファイターズの大谷翔平投手(22)が、13日のオリックス戦でプロ野球最速を更新する164キロを記録したが、スピードガンの数字に疑惑の目を向けた。

 大谷は、13日のオリックス戦で3回1死二、三塁、打者・糸井の初球で自身の持つ163キロの最速記録を更新した。だがその速球は右前へ運ばれ、2点適時打とされた。

 そのシーンを振り返った張本氏は、「スピードガン、甘いんじゃないの? 今度は165キロが出るんじゃない?」と述べ、「最近、球速が甘くなっている」と指摘した。

 ゲスト出演の野球解説者・田尾安志氏(62)も、「以前のスピードガンよりもスピードが出やすい」と同調していた。

最終更新:9月18日(日)10時5分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。