ここから本文です

広島・九里、天国から地獄…六回2死まで無安打投球も3連打でKO

デイリースポーツ 9/18(日) 19:13配信

 「DeNA-広島」(18日、横浜スタジアム)

 天国から地獄に突き落とされた。広島先発の九里が、六回2死まで無安打投球をしながら、その後3点を奪われ、この回途中でKOされた。

 2-0の六回2死から桑原に、この試合初安打となる右前打を打たれ、リズムを崩した。続くエリアンに右中間フェンス直撃の適時二塁打を浴びて1点差。さらにロペスには、右翼ポール際へ逆転の28号2ランを許した。

 降板後はベンチでうつむき、目に涙を浮かべているようにも見えた。「先発として試合をつくることだけを考えたい。しっかり自分の役割を果たす」と意気込んでいたが、無情の結果になってしまった。

最終更新:9/18(日) 19:25

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]