ここから本文です

NMB木下春奈が卒業発表「大学進学を考えてます」

日刊スポーツ 9月18日(日)11時12分配信

 NMB48の木下春奈(18)が17日、大阪・NMB48劇場で、チーム2「逆上がり」公演に出演し、グループからの卒業を発表した。

【写真】NMB川上千尋、マートン「9」で木下春奈と始球式

 木下春は、公式サイトでも「今年の総選挙を私は辞退をさせて頂いたのですが、その時には卒業のことを考えていて、卒業後は、大学への進学を考えています」と理由をつづった。

 木下春は10年秋の創設メンバー。1期生としては、小学6年の最年少で活動を始めた。大人びたルックスで「NMBの北川景子」とも呼ばれ、ダンスユニットで選抜された昨秋のシングル「Must be now」にも入るなど、ダンスの技量にも優れていた。

 ただ、今年は総選挙に不出馬で、進退について悩みを深めていた。

 木下春は、活動約6年を振り返り「NMB48に加入した頃は小学生だったので、大学生になるのかぁ~と思うと不思議な感覚です。約6年間、私を応援してくださった皆さん、アイドルらしく振る舞うことが苦手な私でしたが、それでもここまで私を応援してくださって本当にありがとうございました」と、感謝した。

 卒業公演や時期など、詳細は未定。

最終更新:9月18日(日)12時47分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。