ここから本文です

パラリンピック・談話(車いすラグビー)〔パラリンピック〕

時事通信 9月18日(日)22時50分配信

◇一番きれいな色
 池透暢(主将) 金メダルの目標を達成できず悔しかった。だからこそ、勝ててうれしい。自分にとっては、一番きれいな色のメダル。
◇半分半分
 池崎大輔 うれしさ半分、悔しさ半分だが、勝って終わってよかった。個々の役割をしっかり果たせた試合。
◇落ち着いていた
 荻野晃一監督 最後まで気を抜けなかったが、選手は落ち着いていた。序盤からいいペースで、気持ちで負けていなかった。選手と「メダリストになって歴史を変えよう」と話していた。(時事)

最終更新:9月18日(日)23時18分

時事通信