ここから本文です

佐渡ケ嶽親方の長男琴鎌谷、5場所連続の勝ち越し

日刊スポーツ 9月18日(日)15時46分配信

<大相撲秋場所>◇8日目◇18日◇東京・両国国技館

 佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)の長男で、元横綱琴桜を祖父に持つ西幕下59枚目琴鎌谷(18=佐渡ケ嶽)が勝ち越しを決めた。東三段目筆頭久之虎(出羽海)の上手を引くと、寄り切って初日から4連勝。「落ち着いて取れた。相手は手を伸ばしてくると分かっていた」と冷静に振り返った。

 初場所の序ノ口デビューから負け越し知らずで、初めての幕下でも早々に5場所連続の勝ち越しを決めた。それでも「自分の取組の内容次第なので、星(勝敗)を気にせず、きっちり取り切るつもりで今場所に臨んできた」。18歳とは思えない落ち着きぶりに、大物の風格も漂い始めた。「後先は考えず、目の前の一番に集中します」と、残り3番を見据えた。

最終更新:9月18日(日)15時46分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]