ここから本文です

日本ハム大谷が適時打「しっかり打ててよかった」

日刊スポーツ 9月18日(日)15時52分配信

<日本ハム4-2ロッテ>◇18日◇札幌ドーム

 日本ハム大谷翔平投手(22)が、1-1で迎えた3回に勝ち越し適時打を放った。1死一、二塁のチャンスで、ロッテ涌井から右前へ強烈な打球をはじき返し、二塁走者の西川が生還した。

【写真】日本ハム・レアード37号、5試合ぶりすしポーズ

 1点を追う初回無死一、三塁の場面では遊ゴロ併殺打。同点としたものの、不完全燃焼の内容だった。「初回(の併殺打)があったので、チャンスでしっかり打ててよかったと思います」。2打席連続で訪れた好機で、きっちり仕事を果たした。

最終更新:9月18日(日)18時34分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報