ここから本文です

【中山新馬】ヒストリアが差し切りV 蛯名「まだまだ良くなる余地は十分」

スポーツ報知 9月18日(日)14時13分配信

 18日の中山5R・新馬戦(芝1600メートル=16頭立て)は、ハーツクライ産駒の1番人気ヒストリア(牝2歳、美浦・栗田徹厩舎)がゴール前で差し切ってデビュー勝ちを果たした。勝ち時計は1分39秒2。

 道中は先行集団を見る形で脚をため、直線えは馬群の外へ。ラスト200メートルを過ぎてエンジンがかかると、一気の末脚で2、3着のベストティアーズ、ヴィアグローリアスを差し切った。

 蛯名騎手は「軽いフットワークで、調教でも素軽い動きを見せていた。まだ子供でハミ受けに若さが残るけど、しまいは切れた。まだまだ良くなる余地は十分なので、体力をつけて力強くなっていけば」と素質の高さを感じ取った様子だった。

最終更新:9月18日(日)14時13分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ