ここから本文です

夢の対決がついに実現!菜七子、21日の名古屋競馬で宮下、木之前の女性騎手2人と対決

スポーツ報知 9月18日(日)14時14分配信

 21日に名古屋競馬に初参戦する藤田菜七子騎手(19)=美浦・根本厩舎=の騎乗馬が18日に決定。名古屋競馬に所属する女性騎手、宮下瞳(39)、木之前葵(23)の女性騎手2人と3つのレースで対決することになった。

 8Rの「サラB5組」(ダート1400メートル、8頭立て)では、菜七子がグッドバディー、2児の母で8月に現役復帰した宮下がマッシヴビクトリー、名古屋のアイドルジョッキー・木之前が5走連続の手綱となるメイショウラファーに。10Rの「ブルーサルビア特別」(ダート1600メートル、8頭立て)で菜七子は地元・塚田隆男厩舎のメモリービビッドに騎乗。木之前はダイコウキ、宮下はマルカシグナスにそれぞれ騎乗する。メインの11R、指定交流競走・ヴェスタ賞(ダート1400メートル、10頭立て)でも激突し、菜七子はカジノクイーン、宮下はサザンキング、木之前はラヴァリーオステルに騎乗する。

 2人とは先日、競馬番組で共演。「一緒のレースに騎乗できたらうれしいです。いろいろお話をして、勉強させてもらえたらと思います」と話していた。

 なお、菜七子は当日、7鞍に騎乗する予定。

【21日 藤田の騎乗馬】

3R・ノーザンエンブレム(牝3歳、愛知・藤ケ崎厩舎)

6R・ローレンマックス(牝4歳、愛知・坂口厩舎)

8R・グッドバディー(牡5歳、愛知・塚田厩舎)

9R・アベックモア(牝4歳、愛知・今津厩舎)

10R・メモリービビッド(牡5歳、愛知・塚田厩舎)

11R・カジノクイーン(牝3歳、美浦・中野厩舎)

12R・デスドロップ(牝4歳、愛知・新山厩舎)

最終更新:9月18日(日)14時34分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]