ここから本文です

楽天島内が先制犠飛「最低限」足立も適時打で続いた

日刊スポーツ 9月18日(日)16時11分配信

<西武2-10楽天>◇18日◇西武プリンスドーム

 楽天が2回に2点を先取した。まずは1死一、三塁、島内宏明外野手(26)がチェンジアップを打ち上げて左犠飛で1点。「何とか最低限の仕事ができたという感じです」。

【写真】楽天島内、先頭打者弾も大谷の打撃練習に飛距離完敗

 さらに2死一、二塁としたところで、足立祐一捕手(26)が左前適時打で続いた。「ストレートを狙って、自分のスイングができました。あとは投手をしっかりリードするのみ。自分の仕事をするだけです」とコメントした。

最終更新:9月18日(日)17時33分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報