ここから本文です

ダル 試合前から「ちょっとまずいかな」 制球定まらず5回7失点

スポニチアネックス 9月18日(日)13時52分配信

 ◇ア・リーグ レンジャーズ2―11アスレチックス(2016年9月17日 アーリントン)

【写真】3回、ブロケール投手コーチのアドバイスに耳を傾けるダルビッシュ

 レンジャーズのダルビッシュ投手(30)が17日(日本時間18日)のアスレチックス戦に先発。メジャー自己ワーストに並ぶ7失点を許して5敗目を喫した。

 当初は14日のアストロズ戦での先発を予定していたが、チームはプレーオフを見据え、登板日を急きょ変更。中7日でのマウンドとなったが、序盤からアスレチックス打線につかまり、5回で降板を余儀なくされた。

 初回、ウェンデルに先頭打者本塁打を浴びると、2回は制球を乱した。3連続四球で無死満塁となり、この場面でマクスウェルへ中前2点適時打、さらにウェンデルには左犠飛で早くも4失点。その後も投球のリズムをつかめず、5回は2死から安打と四球で得点圏に走者を抱えると、セミエンに右越え3ランを許した。

 8月29日のマリナーズ戦から白星がなく、9月4日のアストロズ戦では4回7安打5失点で敗戦投手。勝ち負けのつかなかった9日のエンゼルス戦では7回途中まで投げて1失点の投球を見せたが、8日後の登板では今季最多失点を喫してしまった。

 ▼ダルビッシュの話 ことし割と良かった制球の部分で、感覚がすごく悪かった。試合前からすごく良くなかったので、ちょっとまずいかな、と思っていた。

最終更新:9月18日(日)14時3分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報