ここから本文です

K1大雅が力強く宣言「3人ともKOします」

日刊スポーツ 9月18日(日)16時27分配信

 「K-1 WGP 2016」(19日、東京・代々木第2体育館、日刊スポーツ新聞社後援)の公開計量と記者会見が18日、都内で行われた。

【写真】K1大雅「全試合2ラウンド以内KO」で優勝だ!

 スーパー・フェザー級(60キロ)世界最強決定トーナメントに出場する大雅(20)は、59・9キロ計量をパス。1回戦で激突するハビエル・エルナンデス(26=スペイン)と計量後、頭をぶつけ合ってにらみ合い、関係者から止められるほどヒートアップした。「(相手の)頭が硬かった。思い切り砕いてやりたい」と闘志をむき出しにした。8人による勝ち抜き戦を1日で行う。「自分の大会。3人ともKOします」と力強く宣言した。

 今回のトーナメント1回戦はこのほか、卜部弘嵩(27)対ヨハネス・ウルフ(27=ドイツ)、卜部功也(26)対カリム・ベノーイ(28=フランス)、小宮山工介(29)対パウロ・テバウ(25=ブラジル)。

最終更新:9月18日(日)17時58分

日刊スポーツ