ここから本文です

稲村亜美、始球式で102キロも「ちょっと悔しい」

日刊スポーツ 9月18日(日)17時35分配信

<DeNA6-3広島>◇18日◇横浜

 今夏の日刊スポーツ高校野球応援団長を務めたタレントの稲村亜美(20)が始球式に登場した。

【写真】さすが稲村亜美102キロ始球式/始球式写真特集

 割れんばかりの大歓声に包まれて登場。ツーシームが武器の広島黒田と同じく、プレートの一塁側を使ってモーションに入った。振りかぶってダイナミックな投球フォームを披露。高く足を上げると、シュートピッチャー特有のクロスステップで踏み出した。胸を張り、右腕を激しくしならせて投じられたボールは、広島田中のインハイにズドン。注目の球速は102キロだった。目標の球速には及ばなかったが、横浜スタジアムからは大歓声。最後は「野球人」らしく、右手で足場を整備してマウンドを降りた。

 投球後は「毎回始球式をさせていただくときは緊張するので、今日も本当に震えるほど緊張しました。牛角さんのおかげで始球式をさせていただいて本当にうれしいです。ストライクが入らず、球速が102キロということでちょっと悔しかったのですが、横浜DeNAベイスターズのキャッチャー戸柱選手が『めちゃくちゃ早かった』と言ってくれたのがとてもうれしかったです。点数を付けるのであれば(100キロを超えたので)75点。まず次の目標は(自己最速が103キロなので)110キロを目指し、レベルアップしていきたいです」とコメントした。

最終更新:9月19日(月)17時43分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]