ここから本文です

テレサ・ルーV、ダブルボギーに「攻めるしか」

日刊スポーツ 9月18日(日)17時56分配信

<女子ゴルフ:マンシングウェア東海クラシック>◇最終日◇18日◇愛知・新南愛知CC美浜C(6397ヤード、パー72)◇賞金総額8000万円(優勝1440万円)

【写真】テレサ・ルー今季2勝目 全美貞とのプレーオフ制す

 テレサ・ルー(28=台湾)がダブルボギーを、直後の3連続バーディーではねのけ、全美貞とのプレーオフに持ち込み、優勝をさらった。

 全と通算17アンダーで並んで迎えた13番パー4。ドライバーショットが右にOBとなり、ダブルボギーとなった。「一気に2打も後退した。そこで、もう攻めるしかないという気持ちになった」という。14番は5メートルを放り込み、15番パー5は残り197ヤードを4番ユーティリティーで2オンさせて、2パット。16番のバーディートライは13メートルもあったが「絶対にショートだけはしない」と念じ、見事に放り込んだ。

 8月には台湾代表でリオデジャネイロ五輪に出場。「アスリートが集まる場所。どの競技も上3人しかメダルをもらえない戦い」とあって、選手村に宿泊。レスリングの吉田沙保里と“遭遇”したり、卓球、バドミントン競技を生観戦したりして、たっぷり刺激を受けた。ゴルフ競技でも金メダルに輝いた朴仁妃やリディア・コのプレーを目の当たりにして「(朴)インビのパット、リディアの冷静なプレースタイル。誰か1人というわけじゃなく、多くのプレーヤーが参考になった」という。

 開幕戦ダイキンオーキッドレディース以来の今季2勝目。「(ツアー史上初の)平均ストローク60台は難しいと思うけど、毎週、毎週、ベストスコア、ベストパフォーマンスを意識して頑張りたい」。アスリート魂を胸に刻み、一回り大きくなったルーが目を輝かせた。

最終更新:9月18日(日)19時16分

日刊スポーツ