ここから本文です

ジョーンズ復活V、昨年の難局乗り越え「ハッピー」

日刊スポーツ 9月18日(日)17時56分配信

<男子ゴルフ:ANAオープン>◇最終日◇18日◇北海道・札幌GC輪厚(7063ヤード、パー72)◇賞金総額1億1000万円(優勝2200万円)

【写真】ジョーンズが今季初勝利、石川遼は2打差3位

 ブレンダン・ジョーンズ(41=オーストラリア)が13年ミズノ・オープン以来の復活優勝を遂げた。

 13年9月の本大会第2日、15番のラフからショットを打った時に左手首を痛めて棄権。その後2度の手術、約1年の欠場を経た。「頭のどこかではもう日本で勝てないのでは、と思うこともあった」と振り返る。

 昨年はプライベートでも難しい時期を過ごした。以前のマネジメント会社がジョーンズの税金を未納。追徴金も含めて支払いが必要になり、その金額は約1億5000万円ほどだったという。さらに母マーガレットさん(69)が脳腫瘍と肺がんを患った。「今はその両方が解決した」。支払いは済み、マーガレットさんは放射線治療で元気になったという。「去年に比べたらハッピー。ゴルフへの姿勢もよくなってきた」。

 一時は91キロあった体重が今は85キロ。年齢を重ねた分、トレーニングに励んでいるという。「昔みたいにビールをたくさん飲むわけじゃないしね。でも、今日は飲ませてもらうよ」とさわやかな笑顔で話した。

最終更新:9月18日(日)19時19分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]