ここから本文です

W杯5連覇「マドンナジャパン」里、川端ら凱旋試合、スタメンで躍動

スポニチアネックス 9月18日(日)17時7分配信

 女子プロ野球のヴィクトリアシリーズは18日、埼玉アストライアが兵庫ディオーネに延長8回の末、3―2でサヨナラ勝ちした。第7回WBSC女子野球ワールドカップ(W杯)釜山大会で5連覇を達成した侍ジャパン女子代表「マドンナジャパン」の里綾実投手、厚ケ瀬美姫内野手、寺部歩美捕手(以上兵庫ディオーネ)、川端友紀内野手(埼玉アストライア)の4人が「凱旋試合」でそろって先発に名を連ねた。

 4人にとってはこの日がW杯後初のプロ公式戦。W杯で日本の4番を務めた埼玉の川端は「4番・遊撃」で3打数2安打。一方、W杯2大会連続のMVPに輝いた兵庫の右腕・里は7回2/3を投げて3失点。8回2死一、二塁から埼玉・楢岡に逆転サヨナラ二塁打を浴びた。「1番・遊撃」の厚ケ瀬は4打数2安打、「5番・捕手」の寺部は4打数1安打だった。

 また「美人過ぎる野球選手」として注目を集めているルーキーの加藤優外野手は「7番・右翼」で出場。5回2死二塁から先制の左中間二塁打を放ち、3打数1安打1打点だった。

最終更新:9月18日(日)17時7分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]