ここから本文です

早乙女友貴 島袋寛子は「全て魅力的」「年の差感じない」来年入籍へ

スポニチアネックス 9月18日(日)17時10分配信

 女性ユニット「SPEED」の島袋寛子(32)との婚約を発表した舞台俳優で早乙女太一(24)の弟・早乙女友貴(20)が18日、公演先の大阪で会見を行った。

 黒のスーツで登場した早乙女は「報道でもありましたように、島袋さんと婚約をいたしました」と報告。入籍については「来年になると思う」とし具体的な時期は「仕事のタイミングを見て」と話すにとどまった。

 早乙女によると今年2、3月に行われた劇団EXILE松組の旗揚げ公演で会い、すぐに意気投合し交際に発展。5月ごろには島袋のマンションで一緒に住むようになり6月に早乙女からプロポーズした。家で指輪を渡したが「(プロポーズの言葉は)控えさせて下さい」と照れた。それまでには沖縄に住む島袋の両親にも会ってあいさつも済ませていたという。

 文字通りの“超スピード婚約”だが早乙女は「早いという印象はない。本当に気があったので」と自然の流れだったことを強調。「お互い小さいころから芸能活動をしていることもあって、気持ちが分かるというか一緒にいて居心地がいい」と笑った。

 小さいころには大スターだった島袋との“運命”にも、早乙女は浮ついた様子もなく「特別なことはないですね、人と人との縁のような…。僕は小さいころから芸能人にまったく興味がなかったし。好きなアーチストもいなかったですから」と話した。「『SPEED』の島袋」ではなく「一人の人間として素晴らしいと思った」と話し「人との接し方であったり、すべてが魅力的だし尊敬もできる」と絶賛した。

 12歳年上という姉さん女房ぶりにも「世間ではそう思われるかもしれませんが、僕たちの中では一切年の差を感じることもない」ときっぱり。島袋は料理が得意らしく「たくさん料理してくれるので、全部がおいしい。一緒に住み始めて同じ空間、同じ時間を過ごせることが幸せ」とのろけた。

 島袋は結婚後も芸能活動を続ける。子どもに関しては「具体的に話したことはありませんが、僕が子どもが好きなので、いずれは欲しい」と自然の流れに任せるようだ。

最終更新:9月18日(日)21時10分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。