ここから本文です

【六大学】ノーヒッター慶大・加藤、救援で連投!東大に逆転勝ちで現役単独トップ通算22勝!

スポーツ報知 9月18日(日)15時46分配信

◆東京六大学野球第2週第2日 ▽慶大9―6東大(18日・神宮)

 慶大が、逆転勝利で東大に連勝し、勝ち点1をつかんだ。郡司裕也捕手(1年=仙台育英)が、9回に同点適時打を放つなど、4打数3安打の活躍。前日、ノーヒットノーランを達成した加藤拓也(4年=慶応)は、8回から登板し2回2安打2失点でリーグ通算22勝目を挙げた。

 前日に無安打無得点試合を達成したバッテリーが、シーソーゲームに決着をつけた。5―6の9回、無死一、三塁。郡司が、この試合3本目の安打となる適時打を左前に放ち、同点に追いついた。「加藤拓さんに負けはつけられない。なんとか一本を、と思った」。その後、暴投で勝ち越すと、連打などで4得点。最終回で逆転した。

 8回に登板した加藤拓は、2安打などで逆転を許すも、9回を抑え現役単独トップとなる通算22勝目を挙げた。「逆転されてしまい反省しているが、チームが勝って良かった」と、最終回の逆転劇に胸をなで下ろした。

最終更新:9月18日(日)16時38分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報