ここから本文です

福山雅治 大物尾行映像の資料見た「どういう撮り方か興味あった」

スポニチアネックス 9月18日(日)18時34分配信

 俳優で歌手の福山雅治(47)が18日、都内で主演映画「SCOOP!」(10月1日公開、監督大根仁)の完成披露プレミア試写会に出席した。

 福山が演じるのは芸能人のスキャンダルを追う中年のパパラッチ役。今までの福山とは正反対の役となるが、大根監督は「こんな福山が見たかったという作品に仕上がってる」と出来に胸を張った。

 同作の撮影に入る際、監督が実際に写真週刊誌の張り込みに同行。某大物女優の尾行映像を資料として見たという福山は「自分も実際に尾行されたりしたことがある。その資料を見ることは興味深かった」と告白。「どういう撮り方をしているのか興味があった。僕はついてこられてもしゃべりかけたりしないが、人によっては自分からお茶を出したり、話しかけたりする人がいるらしいので」と語っていた。

 初タッグとなる大根監督については「同い年でもっと厳しく、いじめられるかと思っていたが、優しかった」と笑顔。大根監督は「ある種、女優さんを撮るのような感じで撮りました。いかにエロくかっこよく撮るか意識した」と明かしていた。他に二階堂ふみ(21)、吉田羊、滝藤賢一(39)、リリー・フランキー(52)が出席した。

最終更新:9月18日(日)18時35分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。