ここから本文です

【東都準硬式】日大は先勝、国士舘大は勝ち点1

スポーツ報知 9月18日(日)16時39分配信

◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 日大13―3東洋大 国士舘大9―8東海大(18日・上柚木公園)

 日大が猛打で先勝した。初回2点を先制されたが、その裏、中村怜(3年=日大鶴ヶ丘)、安良岡将太(3年=佐野日大)、天本隼人(2年=長崎日大)、岩切祐斗(1年=宮崎日大)の適時打、松原利樹(1年=掛川西)の満塁本塁打で一挙8点を挙げて逆転。8回にも5点を奪い、コールド勝ちした。

 国士舘大は9回、4点差を追いつかれたが、その裏、土居一磨(3年=日大三)の適時打でサヨナラ勝ち。勝ち点1を挙げた。

 【東都大学準硬式野球連盟 加盟校】

 ▽1部 国士舘大 日大 中大 専大 東海大 東洋大

 ▽2部 帝京大 法大2 筑波大 亜大 青学大 国学院大

 ▽3部 上智大 駒大 日体大 独協大 千葉大 城西大

 ▽4部 東農大 明治薬科大 首都大東京 立正大 成蹊大 一橋大

 ▽5部 東京理科大 学習院大 東工大 千葉商大 東京農工大 千葉経大

 ▽6部 東京薬科大 東京電機大 健康科学大 電気通信大 日本獣医生命科学大

【関連記事】

最終更新:9月18日(日)16時39分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。