ここから本文です

G大阪U―23 堂安4点絡んだ、絶妙パス連発 指揮官指令に応えた

スポニチアネックス 9月18日(日)20時42分配信

 ◇明治安田生命J3第22節第2日 G大阪U―23 6―1 鹿児島(2016年9月18日 吹田S)

 J3に所属するG大阪U―23は18日、ホームで2位・鹿児島と対戦し、6―1の圧勝を収めた。元日本代表MF藤本淳吾(32)、FWパトリック(28)、大卒新人FW呉屋大翔(22)が2得点、高卒新人FW一美和成(18)、2種登録の高校3年生FW食野亮太郎(18)がプロ初得点。ベテランと若手がかみ合い、リーグ4試合ぶりの勝利を手にした。

 若き18歳が上位チームを翻弄した。飛び級でトップ昇格したU―19日本代表MF堂安律(18)が4得点に絡む大暴れ。1―0の前半15分に強烈な左足シュートを放ち、GKが弾いたボールを呉屋が詰めて追加点を演出した。43分には呉屋へのピンポイントクロスでチームの3点目をアシストし、後半13分には絶妙なスルーパスでパトリックのゴールをアシスト。トドメはピッチ中央から糸を引くようなスルーパスで同学年FW食野のプロ初得点を生み出した。

 「チームの勝利に向かって緊張感を持って臨めた。得点というのが一番分かりやすいアピールだけど、J3ならば自分が出し手にならんとアカンのも分かっている。J1ならヤットさん(遠藤保仁)たちがいるから受け手になれば良い。両方できるのは強みかなと思う」。中盤を支配し続け、攻撃だけではなく守備でも体を張ったプレー。「ちょっとずつ走れるようにはなっている。長谷川監督の求めるプレーに近づいていると思う」と充実の表情を浮かべた。

 悔しさをバネにした。前日17日、トップチームのアウェー名古屋戦に帯同したが、出番は与えられず。チームは主力MF阿部が負傷離脱しており「自分にとってはチャンスだと分かっているけど、昨日の試合に出られなかったのも実力」と唇をかんだ。さらに20歳のリオ五輪代表MF井手口がJ1初得点。「悔しい思いもあった」と複雑な心境も吐露したが、長谷川監督直々の「チームを勝たせてこい」という指令を見事完遂した。

 10月には来年のU―20ワールドカップ(W杯)出場権を懸けたU―19アジア選手権への参加が濃厚。G大阪だけではなく、20年東京五輪のエース候補は「練習から削るくらいの気持ちでやりたい」と、さらなる成長を見据えた。

最終更新:9月18日(日)21時50分

スポニチアネックス

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]