ここから本文です

【セントライト記念】3着プロディガルサン「ポジションよりリズムを大事に」と田辺

スポーツ報知 9月18日(日)17時30分配信

◆セントライト記念・G2(18日・芝2200メートル、中山競馬場、良)

 皐月賞優勝、ダービー3着の実力馬ディーマジェスティ(蛯名)が、後方追走から3コーナーで馬群の外を一気に進出。直線も力強い末脚で伸び、ライバルをねじ伏せた。勝ち時計は2分13秒1だった。首差の2着に2番人気のゼーヴィント(戸崎)。3着は3番人気のプロディガルサン(田辺)だった。

 田辺騎手(プロディガルサン=3着)「ポジション取りより、リズムを大事にしたかった。勝った相手にはうまくやられたが、最後まで食らいついた。ダービー(10着)の時のように、『うまくいったけどだめだった』という言い訳のつくレースはしたくなかった。中山は合っているし、雨が降って時計がかかったのもよかった。まだ良化の余地を残している」

最終更新:9月19日(月)7時2分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ