ここから本文です

宮沢佐江が興奮!韓流美少年に「お持ち帰り」宣言

日刊スポーツ 9月18日(日)20時5分配信

 今年4月にAKB48グループを卒業した宮沢佐江(26)が18日、京セラドーム大阪で、あこがれの“君”と初対面し、感激のあまり「お持ち帰り」を宣言した。

【写真】元AKB宮沢佐江、小嶋陽菜からお礼メールもらう

 あこがれの君とは、韓国籍の美少年モデル、ケイン・デニス(9)。宮沢はこの日、「関西コレクション2016 AUTUMN&WINTER」に、モデルとして出演。ランウエーを歩いた後、ケインに出迎えられ、念願の初対面を果たした。

 ケインから花束を受け取った宮沢は「わー、持って帰りたい」と興奮。抱きついて、感謝を表現した。

 宮沢は昨年から、少年とは思えない色気を放つケインに魅了され、ツイッターでファンと宣言。これを知ったケインは、3月下旬から4月1日まで順次、行われた宮沢の卒業公演一環を「応援しています」などとコメントし、“両思い”が成立していた。

 以来、この日が、宮沢にとって、ケインとの初対面だった。

最終更新:9月18日(日)20時38分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。