ここから本文です

武藤 途中出場で今季2点目!“2戦連続弾”で今季初勝利に貢献

スポニチアネックス 9月19日(月)0時45分配信

 ◇ブンデスリーガ第3節 マインツ3―1アウクスブルク(2016年9月18日)

 マインツの日本代表FW武藤嘉紀がアウェーのアウクスブルク戦に後半22分から途中出場。2―1の後半36分にゴール前のこぼれ球に反応し、左足のアウトサイドで今季2点目。待望の今季初勝利に貢献した。アウクスブルクのMF宇佐美はベンチ入りしたが出番はなかった。

 武藤はベンチスタートとなったが、2―1の後半22分にFWコルドバに代わってピッチに立つと同36分、右クロスに合わせたMFマリのシュートがDFに当たり転がったボールにすかさず反応。左足のアウトサイドでうまくゴールに流し込み貴重な追加点を挙げた。

 武藤の得点は8月27日のドルトムントとの開幕戦以来2戦ぶりで、ともに途中出場でのゴール。第2節は出場機会がなかったためリーグ戦に限れば“2戦連続弾”となった。

 ▼武藤の話 (途中出場の時は)その中で結果を出さないといけない。(ゴールの場面は)ワンチャンスを決めようと、相当集中していた。

最終更新:9月19日(月)1時34分

スポニチアネックス

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]