ここから本文です

筑波大・木部が復活の153キロ、プロ志望届出さず

日刊スポーツ 9月18日(日)20時30分配信

<首都大学野球:筑波大18-0城西大>◇第3週第2日◇18日◇茨城・牛久運動公園野球場

【一覧】プロ野球志望届提出者/大学生

 筑波大の木部拓実投手(4年=帝京)が、自己最速の153キロをマークした。

 9回から3番手として登板。約1年ぶりのリーグ戦のマウンドで自己最速を1キロ更新し、スタンドを沸かせた。最後の打者は切れ味抜群のカットボールで三振。3者凡退で試合を終わらせた。

 高校時代から最速148キロ右腕として注目された。大学では2年時から腰椎分離症とヘルニアに苦しみ、今春も登板できなかった。復活への1歩を踏み出した木部は「思い切って腕を振ることだけ考えた。今日は調子が良かった。自信になりました」と笑顔を見せた。プロ志望届は出さず、社会人野球に進む予定。

最終更新:9月18日(日)20時53分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。