ここから本文です

中日ビシエド22号、左足首痛もゆっくりベース1周

日刊スポーツ 9月18日(日)21時50分配信

<ヤクルト1-8中日>◇18日◇神宮

 足が痛くても打てるん弾! 中日ダヤン・ビシエド外野手(27)が9回に代打で登場し、右翼席に特大アーチ。歩くようにゆっくりベース1周した。

 8月に痛めた左足首は完治しておらず、今も代打1本。7月30日以来の22号。1軍復帰後5打席目で初安打だった。敵地をどよめかせた主砲は「久しぶりにいい感触で打てたよ」と振り返った。

最終更新:9月19日(月)2時34分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]