ここから本文です

【青森】八戸学院光星の1年生左腕・成田が6回1失点の好リリーフ&V打!

スポーツ報知 9月18日(日)21時6分配信

◆第69回秋季東北地区高校野球青森県大会 ▽2回戦 八戸学院光星7―5八戸工大一(18日・青森県営野球場)

 今夏の甲子園に出場した八戸学院光星の1年生左腕・成田太一が、投打に活躍して逆転勝利に貢献した。

 0―3の4回無死1塁で、先発左腕の向井詩恩(2年)にかわって2番手で登板。適時打で1点を失い(向井の失点)、9回にも適時打を許したが、6回6安打1失点、6奪三振の好リリーフ。「変化球でも直球でもストライクが取れた」と手応えを口にした。

 打っても4―4の8回2死一、二塁のチャンスにセンターへ決勝の二塁打。「(自分が)決めてやろうという気持ちだった」と胸を張った。

 仲井宗基監督は「向井に比べると球速はないが、安定感がある。よく粘って投げてくれた」とルーキー左腕をたたえた。

最終更新:9月18日(日)21時19分

スポーツ報知