ここから本文です

中日小笠原粘って2勝、1カ月半ぶり最下位脱出貢献

日刊スポーツ 9月18日(日)22時39分配信

<ヤクルト1-8中日>◇18日◇神宮

 中日が8月5日以来の最下位脱出を果たした。理想的な試合運びだった。ドラフト1位小笠原慎之介(18)が7回途中無失点と粘りの投球で2勝目。「何とか粘れました。ピンチでもやっぱり腕を振ろうと思った。打たれてもいいからという気持ちだった」と話した。森繁和監督代行(61)は「0点で抑えてくれたからな」と粘りをたたえた。

【写真】真中監督「最後の最後まで全力で」CS進出崖っぷち

 打線も、初回の福田永将内野手(28)の9号2ランにはじまり、7回は福田と高橋周平内野手(22)の連続適時打で3点。8回は藤井淳志外野手(35)の2点適時打、9回は代打ダヤン・ビシエド外野手(27)の22号ソロと、効果的に援護した。苦手の神宮で圧勝し、ヤクルトとの最終戦を終えた。対戦成績は9勝16敗。

最終更新:9月19日(月)2時34分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]