ここから本文です

野中生萌2位、野口啓代は3位 ボルダリング

日刊スポーツ 9月18日(日)22時59分配信

<スポーツクライミング:世界選手権>◇最終日◇18日◇パリ

 世界選手権最終日はボルダリング女子決勝が行われ、19歳で今季W杯ランキング2位の野中生萌(東京都連盟)が2位に入り、世界選手権2度目の挑戦で初の表彰台に上った。

 またW杯で4度の年間女王になっている第一人者の野中啓代(27=茨城県連盟)は2大会連続の銅メダルだった。優勝はペトラ・クリングラー(スイス)。

 17日のボルダリング男子では20歳の楢崎智亜(栃木県連盟)が初優勝。男女を通じ、日本選手として史上初のクライミング世界選手権で優勝を成し遂げており、男女のボルダリングで日本選手が活躍した。

最終更新:9月18日(日)23時3分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。