ここから本文です

ダルビッシュ…自身ワーストタイ7失点

スポーツ報知 9月19日(月)6時4分配信

◆レンジャーズ2―11アスレチックス(17日・アーリントン

 レンジャーズのダルビッシュ有投手(30)が17日(日本時間18日)、本拠でのアスレチックス戦に登板。5回7安打、メジャー自己ワーストタイの7失点で5敗目(5勝)を喫した。

 狙ったところに球が行かない。初回、ウェンドルに今季4本目の先頭打者弾を浴びた。2回は3連続四球で無死満塁となり、マクスウェルの中前2点打と犠飛で3失点。5回はセミエンに特大の左越え3ランを献上した。「今年、わりと良かった制球の感覚がすごく悪かった」と振り返った。

 向上心が“落とし穴”となった。当初先発予定だった14日から、チーム戦略で突然、中7日のこの日に変更。そのため、14日にブルペンで、フォームを微調整して投球練習したら「人生で一番。それくらい良かった」という。だが、この試合直前の投球練習でしっくりいかず、試合を通じてこれまでの投げ方へ戻そうと試みた。「(新しいフォームが)今までと感覚が違い過ぎて、頭をそっちに使いすぎたから混乱してたのかな」と乱調の原因を分析した。

 ポストシーズンに進出すれば負けられない試合が続くだけに、「そういう(不調の)日でも試合は勝てるように持っていかなきゃいけない。それは反省点です」と、言い訳にはしなかった。(西村 茂展)

最終更新:9月27日(火)16時58分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)