ここから本文です

【ローズS】桜花賞馬ジュエラー、11着の惨敗!Mデムーロ「重い馬場合わなかった」

スポーツ報知 9月19日(月)6時5分配信

◆第34回ローズS・G2(18日・芝1800メートル、阪神競馬場、重)

 秋華賞(10月16日、京都)トライアルのローズS・G2が18日、阪神競馬場で行われ、1番人気のオークス馬シンハライトが差し切り勝ち。桜花賞馬ジュエラーは11着に終わり、対照的な結果となった。2着のクロコスミア、3着のカイザーバルまで優先出走権が与えられた。

 豪脚は影を潜めたままだった。桜花賞馬ジュエラーはこれまでのように後方待機ではなく、好位直後からの追走。直線で前が開いたが、Mデムーロが必死に手綱を押しても反応が鈍い。最後は力なく馬群に沈み、11着に終わった。

 「重い馬場が合わなかった。折り合いは気にならなかったし、距離の問題じゃないです」とMデムーロは敗因に馬場を挙げた。左前脚第一指骨はく離骨折からの復帰戦。馬体重はプラス10キロの504キロだったが、5戦目で初の2ケタ着順。初めて連対も外した。

 あくまで本番は秋華賞。「スタートと折り合いは良かったので、それで十分」と藤岡調教師は直線の短い京都の内回りコースを見据えて、こう説明した。「次はよくなりそうな感じ」とMデムーロも同調した。汚名返上を期す一戦で、本来の輝きを取り戻す。

最終更新:9月19日(月)6時5分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ