ここから本文です

JY、『スキコト』最終回にカメオ出演

オリコン 9/18(日) 7:57配信

 歌手で女優のJY(知英)が、フジテレビ系“月9”ドラマ『好きな人がいること』の最終回(19日 後9:00)にカメオ出演することが明らかになった。同ドラマの主題歌「好きな人がいること」が好評のJY。「自分の楽曲が月9の主題歌というだけでも感激でしたが、ドラマ部分にも出演することになりました。夢のようです! ドラマはもちろんのこと、女優としての知英も、歌手としてのJYも皆さんに堪能していただければ幸いです」とアピールしている。

JYが歌う主題歌「好きな人がいること」ジャケットアート

 JYが演じるのは、柴崎夏向(山崎賢人)が新しいパティシエを雇うと言い出し、面接にやってくる吉岡純。名前はイニシャルが「JY」になるように考えられた。「実は密かに出れたらいいな、とずっと思っていた」というJYは、撮影現場でも終始楽しそうにしており、「台本の出演者のところに“JY”と書いてあるのを見てなんだか不思議な感覚だったのですが、撮影しているときも不思議な感覚でした」と話していた。

 海辺のレストランを舞台にしたひと夏のラブストーリーもいよいよクライマックス。第9話では、桐谷美玲演じる主人公・櫻井美咲が、ついに夏向の告白に「私が好きなのは…夏向です」と返事をするも、夏向から「もう、お前が好きじゃなくなった」と、予想外の言葉を突きつけられるという衝撃の展開を見せた。

 夏向の言葉にショックを受けていた美咲だが、ダイニングアウトの成功でその腕を認められ、パティシエとしての自負も取り戻し、そのままずっと「Sea Sons」で働くつもりでいた。そこへ新しいパティシエ候補が現れ、美咲は動揺する。

最終更新:9/18(日) 7:57

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]