ここから本文です

嵐、メンバー5人といまから楽しむ東京2020特番10・10放送

オリコン 9/18(日) 17:05配信

 人気アイドルグループ・嵐のメンバーが全員出演する番組『嵐スタジアム』が10月10日(後7:30~8:45)にNHK総合テレビで放送されることが決まった。メンバーそれぞれが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを皆で楽しむため、独自に取材してきたさまざまなテーマをプレゼンし、そのテーマに沿ったクイズやゲーム形式のコーナーを交えながら進行する。

相葉がレギュラー出演する『グッと!スポーツ』のロゴ

 同局でレギュラー番組『グッと!スポーツ』(毎週火曜 後10:25~11:00)に出演中の相葉雅紀は、「たくさんアスリートから、それぞれの経験や裏話が聞けて、これまで以上にスポーツとの関わりが増え、今回の番組も非常に楽しみにしています。普段は僕一人でお話を伺っていますが、今回は嵐の皆と一緒に楽しむことができるので、いつも以上に盛り上がると期待しています!」と気合い十分。

 「リオでたくさんの感動が生まれたいま、いよいよ東京大会に向けて期待の高まり」を感じている相葉は今回の番組を通して「日本中の皆さんにたくさんの希望が届くよう、精一杯頑張ります」と話している。

 相葉は、オリンピックで活躍したアスリートたちのリオでの熱戦の舞台裏を聞き出すコーナーを担当。プロ・アマ問わずさまざまな分野の選手たちと、レギュラー番組で触れ合ってきた相葉ならではの視点で、アスリートたちの知られざる思いに迫る。

 櫻井翔は、新国立競技場の設計を共同企業体の一員として担当した建築家・隈研吾氏のもとを訪ね、新しいスタジアムについてインタビューする。これから建設が始まる新国立競技場の建設予定地にも足を運び、巨大プロジェクトのスケールを目の当たりにする。二宮和也は、東京大会に新たに追加される種目の注目選手を紹介。

 大野智は、1964年の東京オリンピックが広く普及するきっかけとなったピクトグラムの世界を紹介するコーナーを担当する。松本潤は、宮城県石巻市にある、旧国立競技場の聖火台をめぐる物語を取材し、東日本大震災の被災地から2020年への希望のメッセージを届ける。

 同番組が放送される10月10日は、1964年東京オリンピックの開会式が行われた日、体育の日。この日、NHKでは、4年後の東京オリンピック・パラリンピックに向けた12時間にわたり特集番組『東京2020 12時間スペシャル→2020」を放送。『嵐スタジアム』はそのグランドフィナーレを飾る番組として放送される。

最終更新:9/18(日) 21:05

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]