ここから本文です

世界的DJハードウェル、EXILEの黒木啓司やDJ KOOと対面

オリコン 9/18(日) 21:10配信

 世界的に活躍するDJでプロデューサーのハードウェルが18日、東京・お台場で開催された都市型巨大ダンスフェス『ULTRA JAPAN 2016』に出演。この日のヘッドライナーを務める自身のステージを前に、AWA特別会場でEXILEの黒木啓司、DJ KOO、lolのhonoka、佐藤友祐、小見山直人らと対面した。

【写真】ハードウェルとの対面に笑顔のEXILE・黒木啓司

 短い時間ながら、黒木啓司、DJ KOOらと握手やハグ、記念撮影し、会話を楽しんでいたハードウェル。lolのhonokaが「ハードウェルさんの楽曲をカバーさせてもらいました」と語ると、「ありがとう」とハードウェルも喜んでいた。ハードウェルのカバーは、2ndシングル「ladi dadi(ラディダディ)」のカップリングとして「Follow Me feat.Jason Derulo」が収録されている。

 オランダ出身のハードウェルは、「世界のトップDJ100」(クラブ・DJ専門誌『DJ MAG』発表)で2年連続1位の座を手にした。『ULTRA JAPAN 2014』に続き2度目のヘッドライナーを務める。アメリカ出身の人気歌手のジェイソン・デルーロとのコラボ曲は、『めざましテレビ』(フジテレビ系)「めざましじゃんけん」のテーマソングに起用されていた。

 『ULTRA MUSIC FESTIVAL』は、98年から米・マイアミで毎年開催され、日本のほか計19ヶ国でも開催。ひと晩で数十万ドルを稼ぐトップクラスのDJ陣が出演し、昨年日本では3日間で9万人を動員。今年で3回目を迎える『ULTRA JAPAN』は、17日から3日間にわたって開催され、2日目となる18日は、ハードウェル、ナイフ・パーティー、フェデ・ル・グランドらが出演。本日出演のハードウェルのほか、初日に出演したデッドマウス、さらに昨年の出演者のプレイリストは音楽配信サービス「AWA」で公開中。開催日ごとの予習プレイリストも公開されているのでイベント参加者はもちろん、まだ体験したことのない人もAWAで『ULTRA JAPAN』が楽しめる。

最終更新:9/18(日) 21:10

オリコン