ここから本文です

【NBA】D.ウェイドがマイアミでサイクリングイベント、地域の団結に期待

ISM 9月18日(日)15時16分配信

 先月、シカゴの路上で発砲事件に巻き込まれいとこが死亡したシカゴ・ブルズのドウェイン・ウェイドが、地域の団結を向上させる目的で、プロ入りから13シーズンを過ごしたマイアミでサイクリングイベントを開催した。

 「行動は言葉よりも雄弁である」と語るウェイドは、現地17日朝からマイアミで6マイルのコースを自転車で走行。イベントへの参加を呼びかけた際、すぐに賛同した地元警察とともに、コミュニティーの結束を訴えた。

 イベントには、数百人のファンやサポーターも早起きして参加。ウェイドは、「集まってくれたみんなにとって、今日が正しい方向に進む一歩になったと思うよ」と、手応えを感じていた。

 マイアミ・ヒートで3度の優勝を分かち合った元チームメートのユドニス・ハズレムも駆けつけ、「彼は、この街にたくさん貢献してくれた。自分も彼に大変世話になった。だからみんな感謝しているし、彼がどこにいようと、どこに行こうとサポートを続ける。ファミリーだからね」と、語った。

 ウェイドは、「このコミュニティーで13年間を過ごしてきて、ここは自分の一部になった。だから、自分にとって特別で重要なコミュニティーが向上するよう、様々な方法で手助けしたいといつも考えている」と第二の故郷への思いを語った。(STATS-AP)

最終更新:9月18日(日)17時40分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。